FC2ブログ

Freight Train Diary

欧州鉄道旅⑨[終] 最後は良い被写体で。


19/09/2018

前日とほぼ同じ場所(架線柱1スパン前)に移動してきて帰りの電車ギリギリまで撮影。

最終日の最後は良い被写体に恵まれた。


DSC_6680_00002.jpg
15:49 ****レ 北行専用コンテナ貨物(COOP) Re476 457 + コンテナ車

パンタが4基ではなく2基しかない476型のrailCare色が牽引するコープの専用列車。

2年前はRe465牽引だったが、今ではインターラーケン便も含めてRe476に変わっているようだ。


DSC_6705_00002.jpg
16:07 ****レ 北行車運貨物 Br187 005(BLS/RAILPOOL)  + 車運車

釜から貨車まで青で統一された自動車輸送列車が颯爽と駆け抜けていく。

積荷の車種は分からないが、ここまで統一感のある車運は初めて見た。


DSC_6747_00002.jpg
16:29 ****レ 北行貸切貨物(WINNER SPEDITION) Br193 354 + Br193 335 + コンテナ対応トレーラー輸送車

最後は赤いDBのVectronがまさかの重連で牽くWINNERでシメ。

青統一の車運の直後に赤統一のWINNER、それも積載良好で迎え撃てたのは最高の思い出となった。



これにて欧州の撮影旅行は終了。

ゴッタルドベーストンネル経由でミラノへ戻り、翌昼の便で帰国となった。

また来るよスイス。



スポンサーサイト



  1. 2019/03/10(日) 17:30:00|
  2. 海外鉄道
  3. | コメント:0

欧州鉄道旅⑧ Steinenの築堤


19/09/2018

前日夕方に引き続き、この日もゴッタルド線へ。

既に現地鉄の方が4人居たので挨拶して一緒に撮影。


DSC_6085_00002_01.jpg
11:49 ****レ 南行コンテナ貨物 Br193 471("Karlsruhe")  + コンテナ車

まだ陽がほとんど側面に当たっていないが、さすがゴッタルド線だあけあって貨物はやってくる。

トンネル開通によって多くの列車が10/10牽引からVectron単機牽引に変わってしまったのが寂しい。


DSC_6139_00002.jpg
12:07 ****レ 南行混成貨物 Re620 025("Oensingen") + 有蓋車 + 無蓋車

編成重量の軽い列車も10/10ペアではなく620単機が主流に。

せめて420重連なら良いのだが...。


DSC_6210_00002.jpg
12:39 ****レ 南行コンテナ貨物 Re475 413 + コンテナ車

AMBROGIOのコンテナばかりを載せたBLS担当のコンテナ列車。

釜の塗装とコンテナの塗装がやや似ている(?)


DSC_6281_00002.jpg
13:05 ****レ 南行混成貨物 Re620 085("Sulgen") + タンク車 + 無蓋車 + 有蓋車

ここから怒涛の貨物ラッシュが始まる。

まずは620牽引の短い列車だが、バラスト輸送及び散布用の貨車も繋がれている。

 DSC_6302_00002.jpg
13:07 ****レ 南行コンテナ貨物 Br193 468("Chiasso") + コンテナ車

前走りの貨物が通過した2分後に今度はVectronのコンテナ列車が追いかけてきた。

実は前の列車が自分の横を通過している時点で既にこの列車は視界に入っており、更に言うともう1本後の貨物も同じ視界に入っていた...。

 DSC_6318_00002.jpg
 13:09 ****レ 南行貸切コンテナ貨物(AMBROGIO) Re475 411 + コンテナ車

また2分続行で貨物が通過していく。

先ほどの列車どころか、更にその前の貨物が通過している時点で視界に入っていたという過密さが恐ろしい。

しかし、あまりのラッシュゆえに低速で通過後、後方で1分ほど停車していた。

が、その停車中ですら更に後続の列車が近づいてくる。


DSC_6344_00002.jpg
13:13 ****レ 南行郵便列車 Re420 284 + 郵便車

前のコンテナ列車が停止信号で止まっていた為に4分開けての通過となったPostzug。

わずか8分間に4本の貨物/郵便列車が駆け抜けていく姿は圧巻であり、ゴッタルド線の醍醐味でもある。

 DSC_6414_00002.jpg
13:53 ****レ 南行混成貨物 Br185 106 + 有蓋車 + 無蓋車 + タンク車

ようやく撮影となったDBの185が牽く混成貨物。

旧線時代は重連〜四重連でガンガン走っていたが、今では単機の細々とした運用でしか見かけなくなってしまった。

 DSC_6484_00002.jpg
14:18 ****レ 南行専用貨物 Br185 105 + 有蓋車

連続してDBの185がやってきた。

トンネル開通前は重連で峠を越えていたこの列車も、他列車と同じく今や単機牽引となってしまった。

 DSC_6549_00002.jpg
14:36 ****レ 南行配給列車 Re420 263 + Re620 034("Aarburg-Oftringen") + 事業用ホッパ車 + 無蓋車 + 事業用車

SBB所有の工事関係車両ばかりを連ねた10/10が通過。

旧線区間の駅または保線基地へ配給するのだろう。

 DSC_6567_00002.jpg
14:39 ****レ 南行貸切コンテナ貨物(AMBROGIO) Re475 401 + コンテナ車

この日3本目のBLS牽引AMBROGIO貨物が前の貨物の3分続行で通過。

積載率が良いのはありがたいが、編成の鮮やかさにやや難点か...?


DSC_6592_00002.jpg
14:46 ****レ 南行貸切コンテナ貨物(GTS) Re620 062("Reuchenette-Péry") + Re420 349 + コンテナ車

かつての正統派10/10牽引コンテナ貨物が遂にやってきた。

これが主流で峠を幾多もの列車が駆け抜けていた日々が懐かしく感じる。

そして、またもラッシュとなり8分間に3本の貨物がやってきたあたりが、この路線の凄みを感じるところである。


DSC_6656_00002.jpg
15:17 ****レ 南行コンテナ貨物 Br193 475("Domodossola") + コンテナ車

機次が寂しいのと陽が面に当たらなくなってきた...。

現地鉄情報ではしばらく来ないらしいので前日の場所へ移動することに。



  1. 2019/03/10(日) 17:00:00|
  2. 海外鉄道
  3. | コメント:0

欧州撮影旅⑦ Steinenの山バック



18/09/2018

来てみたかったシュタイネンに到着。

ゴッタルド線における夕方順光の山バック構図である。


DSC_5695_00002.jpg
17:19 ****レ 北行混成貨物 Re620 006("Turgi") + 有蓋車 + タンク車 + 長物車

まずはRe620単機牽引の短い貨物から。

トンネル開通で峠越えが無くなってからはこういった単機牽引が増えた。


DSC_5712_00002.jpg
17:23 ****レ 北行WinnerSpedition貸切貨物 Br193 333 + トレーラー対応コンテナ車

WINNERの専用列車をようやく撮影。

今まで縁が無く撮れなかったため素直に嬉しい。


DSC_5757_00002 (1)
17:47 882レ " Inter City " Re460 071 + 制御客車

Re460の広告機によるインターシティ。

こういったバリエーションが豊かなのも欧州撮り鉄の楽しいところ。


DSC_5853_00002 (1)
18:25 ****レ 北行コンテナ貨物 Br193  + コンテナ車

前パンのSBBベクトロンがお出まし。

スイスらしい側面デザインが最高に映える。


DSC_5896_00002.jpg
18:40 ****レ 北行コンテナ貨物 Re474 005 + コンテナ車

珍しくRe474がやってきた。

しかし484重連は来ず...。


DSC_5923_00002.jpg
18:49 ****レ 北行Postzug Re420 281  + 郵便貨車 + 有蓋車

スイス名物のポストツークこと郵便列車。

後ろが山影に隠れてしまったが、かなり長めの編成であった。



〜おまけ〜

DSC_5640_00002 (1)
17:03 ****レ 南行混成貨物 Re485 ***  + 長物車 + 有蓋車

材木輸送ってなんか惹かれないですか。

そうでもないですか。。。



  1. 2018/11/23(金) 03:00:00|
  2. 海外鉄道
  3. | コメント:0

欧州撮影旅⑥ Itingenストレート


18/09/2018

Bruggの天気が不安定なのでItingen〜Sissachへ移動。

こちらではLötschberg方面への列車を撮影。


DSC_5297_00002.jpg
11:21 ****レ 南行コンテナ貨物 Re485 007 + Re486 502 + コンテナ車

BLSの485と486による重連貨物。

黄色の配色と車体側面のデザインが非常に良くて好き。


DSC_5322_00002 (1)
11:35 ****レ 南行コンテナ貨物 Br186 909 + Br186 905 + コンテナ車

CrossRailの186重連だが順番...。

ロゴ有りが前機になって前パンなら最高だったのだが。


DSC_5352_00002 (1)
11:42 1069レ " Inter City " Re460 118 + 制御客車

少し珍しいRe460が牽くインターシティ。

正面に機番ではなくSBBのエンブレムが塗装されている。


DSC_5395_00002.jpg
11:58 ****レ 南行コンテナ貨物 Re620 070("Affoltern am Albis") + Re420 337 + コンテナ車

前日にKiesenで撮影したのと全く同じコンビの10/10が来た。

まだ620の改番跡が残っていて残念。


DSC_5414_00002.jpg
12:03 2269レ " Inter Regio " Re4/4 11136 + 客車

綺麗な菱形前パンのRe4/4はかっこいいの一言に尽きる。

日本もスイスも旅客釜は貨物釜より綺麗だ。


DSC_5480_00002 (1)
12:38 ****レ 重連単機 Re421 380 + Re421 393

珍しい421同士の重単が通過。

パンタ上げる位置どうにかしてくれ...。


DSC_5520_00002 (1)
13:06 ****レ 南行コンテナ貨物 Re465 002 + Re425 177 + コンテナ車

もはや残念としか言えない組み合わせ。悲惨。

せっかくの菱パン425が台無しである。


DSC_5537_00002 (1)
13:09 ****レ 南行タンク貨物 Re620 037 + タンク車

あまり本数のないタンカーがやってきたが620安定といったところ。

効率を考えたら必然なのだが、420重連とかで来てくれたらと思ってしまう。


DSC_5585_00002 (1)
13:43 1073レ " Inter City " Re460 034 + 制御客車

またも変形機の460が登場。

今度は切り抜きエンブレムである。


陽も回らなくなってきたのでSteinenへ移動します。


  1. 2018/11/22(木) 18:45:00|
  2. 海外鉄道
  3. | コメント:0

欧州撮影旅⑤ Bruggストレート


18/09/2018

晴れそうだったので早起きしてBruggへ。

線路が道路の遥か上にあるため軽い山登りをして撮影地へ。


DSC_5207_00002.jpg
08:16 2061レ " Inter Regio " Re460 008 + SBB客車

朝日を浴びてインターレギオが駆け抜ける。

なかなか良いストレートだ。


DSC_5223_00002.jpg
08:21 ****レ 東行コンテナ貨物 Re475 407 + コンテナ車

BLSのVectronが牽引するコンテナ列車が通過。

2年前と打って変わって大幅に数を増やしてきた。


DSC_5246_00002.jpg
08:39 471レ "NightJet"401/471 Hamburg Altona 2045 → Zürich HB 0905 Re4/4 11147 + 寝台車

そして太陽は雲の中へ...。

ナイトジェットは初撮影だったが再履修に。



  1. 2018/11/22(木) 02:00:00|
  2. 海外鉄道
  3. | コメント:0

欧州撮影旅④ 再びのKiesen


17/09/2018

パリからTGVに乗って2年振りのスイス入国。

そして2年前の撮影地Kiesenへ。

今回は月曜日で本数も少ないため、以前より引いた構図で待ち構える。


DSC_4730_00002 (1)
15:25 ****レ 南行Rollende Landstraße Re485 014 + Rola

まずはローラから。

やはり載っているトレーラーが少ない...


DSC_4764_00002_01.jpg
15:40 ****レ 南行コンテナ貨物 Re620 082("Pfäffikon SZ") + Re420 342 + Re620 065("Ziegelbrücke") + Re420 334 + コンテナ車

まさかのRe20/20ことSBBの四重連がお出まし。

そういえば2年前も月曜日に四重連をよく見かけたが、本数が少ない影響で回送を兼ねているのか。


DSC_4878_00002_01.jpg
17:11 ****レ 南行コンテナ貨物 Re620 070("Affoltern am Albis") + Re420 337 + コンテナ車

通常のRe10/10と呼ばれるペア。

Re620は側面中央に全機異なるワッペンが付いている。


DSC_4912_00002_01.jpg
17:29 ****レ 南行LKW WALTER貸切貨物 Re420 344 + Re620 064("Köniz") + トレーラー輸送車

Cargo色のRe420が先頭に立つWALTERの専用列車。

夕陽を浴びて突っ走っていった。


DSC_4933_00002 (1)
17:33 ****レ 南行Rollende Landstraße Re485 016 + RoLa

乗務員扉を開けたままやってきたRoLaだが台数...

数が少なくとも最後尾の車両には1台積載するのがルールのようだ。


DSC_4992_00002.jpg
16:26 ****レ 南行BLS旅客列車 Re420 501 + 客車

まさかの珍客BLSのRe420がやってきた。

所定運用ではここを通らないが、どうやら回送だったようだ。



  1. 2018/11/22(木) 01:30:00|
  2. 海外鉄道
  3. | コメント:0

VSOE at Gare de Lyon


16/09/2018

フランス訪問の最大の目的はパリ東駅でのVSOE撮影。

DSC_4412_00002.jpg
Departuresのモニターに表示される"VSOE"の文字


少し遅れてVSOEがパリ東駅のホームに滑り込んできた。

DSC_4431_00002.jpg
入線直後は乗客の荷物を積み込む



DSC_4506_00002.jpg
唯一無二のエレガントな存在感を放つ



DSC_4518_00002.jpg
停車時間を使ってホーム備え付けの給水機から給水を行う



DSC_4520_00002.jpg
車両によっては給水車による給水も行われる



DSC_4523_00002.jpg
パリ東駅特有のS字ホーム



DSC_4622_00002.jpg
約40分遅れでパリ東駅を発車

VSOEが立ち去ったホームはひっそりと、どこか寂しい雰囲気の日常へと戻った。



  1. 2018/11/22(木) 00:30:00|
  2. 海外鉄道
  3. | コメント:0

JEP2018 SNCF80ANS [形式写真]


16/09/2018

翌17日に開催されるイベント車両が前日のうちにGare de Lyonへ回送されていたため撮影。

簡易フェンスと警備員の配置でホームは立ち入り禁止処置が取られていたものの、声を掛けると意外にも快くホームへ入れてくれた。

笑顔で「あ、写真? 撮っておいで!」と言われるのは日本と大違いである。



SNCF BB-20 210

201809_BB-20 210_01

201809_BB-20 210_02




63 87 99-90 251-2

201809_99-90 251_01

201809_99-90 251_02




51 87 44-70 141-9

201809_44-70 141_01

201809_44-70 141_02




50 87 39-70 016-1

201809_39-70 016_01

201809_39-70 016_02




61 87 75-71 196-2

201809_75-71 196_01

201809_75-71 196_02




61 87 99-70 062-9

201809_99-70 062_01

201809_99-70 062_02




63 87 89-89 093-3

201809_89-89 093_01

201809_89-89 093_02




SNCFの車両はほとんど知識が無いので、誤ったことを言わないためにも特に書きません。。。

とりあえず博物館所蔵の珍しい車両等が来ていたので撮っておきました。



  1. 2018/11/22(木) 00:00:00|
  2. 形式写真
  3. | コメント:0

EuroNight220 Thello [形式写真]


16/09/2018

Venezia S.LuciaからEN220のThello号でフランス入り。

約2時間半遅れの12時半をまわったところで終着Gare de Lyonに到着。

その後、乗ってきた編成を撮影。



列車名称:Euro Night "Thello"
列車番号:EN220
撮影場所:Gare de Lyon
運転区間:Venezia S.Lucia(20:17) → Milano C.LE → Gare de Lyon(09:55)
連結順序:61 83 50-70 415-0 [95]
     61 83 72-90 015-8 [94]
     61 83 70-71 487-4 [93]
     61 83 72-90 017-4 [92]
     61 83 88-90 115-8 [80]
     61 83 50-70 538-9 [89]
     61 83 50-70 450-7 [88]
     61 83 50-70 350-9 [87]
     61 83 50-70 535-5 [86]
     61 83 50-70 336-8 [85]
     61 83 50-70 366-5 [84]
     91 87 0036 007-9
     91 87 0036 015-2



61 83 50-70 415-0 [95]

201809_50-70 415_01

Thello号に多数連結されている簡易寝台車。

日本のスーパーエクスプレスレインボーのような派手な赤塗装が目立つ。




61 83 72-90 015-8 [94]

201809_72-90 015_01

今回私が乗車した94号車がこちら。

この列車では割と上位クラスになる3人コンパートメントの3段寝台車。



61 83 70-71 487-4 [93]

201809_70-71 487_01

前後の車両も含めて計3両は珍しく床下カバーが無く機器の並ぶ姿が伺えた。

車両左下に誘導員用のステップが設置されているが、手すりは無くボルト跡が見られる。



61 83 72-90 017-4 [92]

201809_72-90 017_01

1つ上の車両と同じ塗装だが、構造の違いから窓の形状と配置が大きく異なる。

こちらもステップはあるものの手すりが無い。




61 83 88-90 115-8 [80]

201809_88-90 115_01

thello号の食堂車。

前後に連結される車両のストライプが入ったデザインは非常に良いアイディアだと思う。



61 83 50-70 538-9 [89]

201809_50-70 538_01

ここからは同じ簡易寝台車が6両連続するだけ。

特に書くこともない。




61 83 50-70 450-7 [88]

201809_50-70 450_01





61 83 50-70 350-9 [87]

201809_50-70 350_01





61 83 50-70 535-5 [86]

201809_50-70 535_01





61 83 50-70 336-8 [85]

201809_50-70 336_01





61 83 50-70 366-5 [84]

201809_50-70 366_01





91 87 0036 007-9 & 91 87 0036 015-2

201809_36007_01.jpg

重連運転であったが、到着してすぐに前機が外され、どこかへ回送されてしまった。

そのため単機での編成写真となる。



  1. 2018/11/21(水) 19:00:00|
  2. 形式写真
  3. | コメント:0

Venice Simplon - Orient - Express [形式写真]


15.09.2018


DSC_3226_00002.jpg
Venezia S.Lucia駅で発車を待つオリエントエクスプレス

入線から発車まで1時間弱あったので1両ずつ撮影してきました。

事情によりA〜R1号車は28mm、R1〜L号車が50mmで撮影したものを掲載します。




列車名称:Venice Simplon - Orient - Express
列車番号:EXP13468
撮影場所:Venezia Santa Lucia
運転区間:Venice(Santa Lucia) → Verona(Porta Nouva) → Innsbruck(Hbf) → Paris(Gare de l'Est) → Calais
連結順序:No.3309 SLEEPING CAR SCHLAFWAGEN [A]
     No.3539 SLEEPING-CAR SCHLAFWAGEN [B]
     No.3543 SLEEPING-CAR SCHLAFWAGEN [C]
     No.3555 SLEEPING-CAR SCHLAFWAGEN [D]
     No.3552 VOITURE-LITS CARROZZA-LETTI [E]
     No.3553 SLEEPING-CAR SCHLAFWAGEN [F]
     No.3912 VOITURE DE SERVICE CARROZZA DI SERVIZIO [  ]
     No.3674 VOITURE-BAR CARROZZA-BAR [  ]
     No.4095 VOITURE-RESTAURANT CARROZZA RISTORANTE [R1]
     No.4141 VOITURE PULLMAN CARROZZA-PULLMAN [R2]
     No.4110 DINING CAR SPEISE WAGEN [R3]
     No.3915 SERVICE CAR DIENSTWAGEN [  ]
     No.3525 SLEEPING-CAR SCHLAFWAGEN [G]
     No.3483 SLEEPING-CAR SCHLAFWAGEN [H]
     No.3473 SLEEPING-CAR SCHLAFWAGEN [J]
     No.3482 VOITURE-LITS CARROZZA-LETTI [K]
     No.3425 VOITURE-LITS CARROZZA-LETTI [L]
     E402 121 無動(途中から補機になり重連運転)
     E402 138 本務機(Venezia S.LuciaからBrenneroまで)



No.3309 SLEEPING CAR SCHLAFWAGEN [A]

型式:S1
種類:寝台車
製造:1926年(Nivelles)
備考:VSOEの中で最古の客車

201809_3309_01.jpg

201809_3309_02.jpg




No.3539 SLEEPING-CAR SCHLAFWAGEN [B]

型式:Lx18T
種類:寝台車
製造:1929年(E.I.C.)
備考:個室×9+トイレ×1

201809_3539_01.jpg

201809_3539_02.jpg




No.3543 SLEEPING-CAR SCHLAFWAGEN [C]

型式:Lx18S
種類:寝台車
製造:1929年(E.I.C.)
備考:個室×9+乗務員室×1

201809_3543_01.jpg

201809_3543_02.jpg




No.3555 SLEEPING-CAR SCHLAFWAGEN [D]

型式:Lx18S
種類:寝台車
製造:1929年(E.I.C.)
備考:個室×9+乗務員室×1

201809_3555_01.jpg

201809_3555_02.jpg




No.3552 VOITURE-LITS CARROZZA-LETTI [E]

型式:Lx18S
種類:寝台車
製造:1929年(E.I.C.)
備考:個室×9+乗務員室×1

201809_3552_01.jpg

201809_3552_02.jpg




No.3553 SLEEPING-CAR SCHLAFWAGEN [F]

型式:Lx18S
種類:寝台車
製造:1929年(E.I.C.)
備考:個室×9+乗務員室×1

201809_3553_01.jpg

201809_3553_02.jpg




No.3912 VOITURE DE SERVICE CARROZZA DI SERVIZIO [  ]

型式:YUB
種類:厨房/荷物/乗務員車
製造:1949年(Nivelles)
備考:右側の窓(すりガラス)3つ分が厨房になっており料理を食堂車へ提供

201809_3912_01.jpg

201809_3912_03.jpg




No.3674 VOITURE-BAR CARROZZA-BAR [  ]

型式:不明(元食堂車)
種類:バー車
製造:1931年(E.I.C.)
備考:ピアノ演奏が行われるバー

201809_3674_01.jpg

201809_3674_03.jpg




No.4095 VOITURE-RESTAURANT CARROZZA RISTORANTE [R1]

型式:WPC(Wagon Pullman Cuisine/元二等プルマン車)
種類:食堂車
製造:1927年(Birmingham)
備考:"L'Oriental"として営業

201809_4095_03.jpg

201809_4095_04.jpg




No.4141 VOITURE PULLMAN CARROZZA-PULLMAN [R2]

型式:WPC(Wagon Pullman Cuisine/元一等プルマン車)
種類:食堂車
製造:1929年(E.I.C.)
備考:"Côte d’Azur"として営業

201809_4141_03.jpg

201809_4141_04.jpg




No.4110 DINING CAR SPEISE WAGEN [R3]

型式:WPC(Wagon Pullman Cuisine/元二等プルマン車)
種類:食堂車
製造:1929年(Birmigham)
備考:"Etoile du Nord"として営業

201809_4110_03.jpg

201809_4110_04.jpg




No.3915 SERVICE CAR DIENSTWAGEN [  ]

型式:YUB
種類:荷物/乗務員車
製造:1949年(Nivelles)
備考:預かり荷物(スーツケース)置き場と乗務員休憩室

201809_3915_03.jpg

201809_3915_04.jpg




No.3525 SLEEPING-CAR SCHLAFWAGEN [G]

型式:Lx18T
種類:寝台車
製造:1929年(E.I.C.)
備考:個室×9+トイレ×1

201809_3525_03.jpg

201809_3525_04.jpg




No.3483 SLEEPING-CAR SCHLAFWAGEN [H]

型式:Lx18S
種類:寝台車
製造:1929年(Metro)
備考:個室×9+乗務員室×1

201809_3483_03.jpg

201809_3483_04.jpg




No.3473 SLEEPING-CAR SCHLAFWAGEN [J]

型式:Lx18S
種類:寝台車
製造:1929年(Metro)
備考:個室×9+乗務員室×1

201809_3473_03.jpg

201809_3473_04.jpg




No.3482 VOITURE-LITS CARROZZA-LETTI [K]

型式:Lx18S
種類:寝台車
製造:1929年(Metro)
備考:個室×9+乗務員室×1

201809_3482_03.jpg

201809_3482_04.jpg




No.3425 VOITURE-LITS CARROZZA-LETTI [L]

型式:S1
種類:寝台車
製造:1929年(Birmingham)
備考:No.3309(A号車)と対になる編成端の車両で渡板にエンブレム有り

201809_3425_03.jpg

201809_3425_04.jpg




当日は17両のフル編成であったが、上記の他にNo.3544(寝台車)を足した計18両が現行のVSOE客車である。

また、客車の所属はVenezia S.Luciaになるが、どの程度の頻度で組み替えが行われているのかは不明。


DSC_3348_00002.jpg
Venezia S.Lucia駅を出発するVSOE

定刻の11時05分に発車していった。



  1. 2018/11/02(金) 00:00:00|
  2. 形式写真
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

佐倉機関区[佐]

Author:佐倉機関区[佐]
貨物中心に書いてます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

JR貨物 (20)
JR旅客各社 (14)
私鉄 (5)
海外鉄道 (22)
形式写真 (4)
鉄道模型(JR貨物) (0)
鉄道模型(JR旅客各社) (0)
鉄道模型(海外型) (0)
景色,自然 (3)
陸送 (1)
飛行機 (3)
その他 (0)
未分類 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR